CakePHPのインストール


CakePHP のインストールについてご紹介します。 動作確認したバージョンは CakePHP 2.3.10 です。

(2013/09/20) 初期バージョン公開

例示におけるプラットフォームには CentOS 6.4(64bit) を使っており、yum update された環境です。他の OS やディストリビューションをお使いの方は、yumなど固有のコマンド名を適宜読み替えてください。

前提事項

Apache + PHP

PHP のインストール の手順により PHP がインストールされていることを前提としています。

DNS(任意)

DNS に as-user.example.com を登録。以下、これで例示します。

Apache

以下の様な apache config を作成。ディレクトリ構成等もこれに従います。

# cat /etc/httpd/conf.d/as-user.conf
<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin     root@as-user.example.com
    DocumentRoot    /var/www/as-user/
    ServerName      as-user.example.com
    CustomLog       logs/as-user-access_log combined
    ErrorLog        logs/as-user-error_log
    <Directory /var/www/as-user>
        AllowOverride   FileInfo
    </Directory>
</VirtualHost>

CakePHP が .htaccess を使うようなので、最低限 FileInfo を有効にしておきます。

インストール

CakePHP コア部分

# wget https://github.com/cakephp/cakephp/archive/2.3.6.zip -P /tmp
# cd /var/www
# unzip /tmp/2.3.6
# mv cakephp-2.3.6 as-user
# cd as-user
# chmod -R 777 app/tmp/
# vi app/Config/core.php
(以下の2値を適当に変更する)
Configure::write('Security.salt', 'DYhG93b0qyJfIxffse9vvUubWwvniR2G0FgaC9mi');
Configure::write('Security.cipherSeed', '7685930965745354907834968364');
# service httpd reload

CakePHP のバージョン確認

# tail -1 lib/Cake/VERSION.txt
2.3.6

CakePHP DebugKit

# wget https://github.com/cakephp/debug_kit/archive/master.zip -P /tmp
# cd app/Plugin
# unzip /tmp/master
# mv debug_kit-master/ debug_kit
# cd ..
# vi app/Config/bootstrap.php
# (末尾に以下を追加)
CakePlugin::load('DebugKit');
# vi app/Controller/AppController.php
# (クラスの中に2行追加)
class AppController extends Controller {
    public  $components = array('DebugKit.Toolbar');
}

動作確認

cake-justinstalled

本番リリースに際して

CakePHP DebugKitを導入すると、右上のハードディスクの形をしたアイコンをクリックすることでデバッグに有用な情報にアクセス可能となります。ただし、本番リリース時の状態としてはセキュリティ上好ましくないので、以下の手順によりこの機能を無効にすることをおすすめします。

# vi app/Config/core.php
# (L.36 付近にある debug を 0 にする)

Go previous Go ahead Go up